夏が終わると抜け毛が増加?!秋に抜け毛が増える理由

せっかく過ごしやすい秋なのに、どういうわけか髪の毛の調子はイマイチという人もいるのではないでしょうか。秋に入って、抜け毛が急に増えたという話も多いです。秋に抜け毛が増えるのは本当なのでしょうか?その通り、秋は抜け毛の季節とも言えるのです。

薄毛が気になる人は要注意ですね。その原因と予防対策について見ていきましょう。

夏に受けた紫外線の影響

夏場、海やプール、バーベキューなど野外でたくさん遊んだ人は、多かれ少なかれ紫外線を受けています。肌に日焼け止めは塗っても、髪の毛には塗りませんよね。実は頭皮は、顔よりも3倍もの紫外線を受けていると言われているのです。

夏の紫外線によってダメージを受けた頭皮は、秋になってその影響が現れてきます。頭皮に溜まった疲れにより、髪の毛が脆くなり育ちにくくなって抜けやすくなるというわけです。また、夏場は汗をかくことも多いですよね。

勿論シャンプーで洗うのですが、シャンプー後も汗をかくことは多々あります。寝ている間に寝汗をかいてしまうケースも見られます。汗は頭皮や毛穴に溜まり、脂分や汚れとなってどんどん蓄積するのです。不衛生な毛穴は詰まってしまい、正常に育毛せず抜け毛が増えてしまいます。

このように、夏の暑さが秋の抜け毛に深く関係していると言えるでしょう。

美味しい夏のビールが原因?

意外かもしれませんが、夏場のビールも抜け毛の原因です。暑い夏、仕事でも遊びでも頑張った後に飲むビールは格別ですよね。冷たいビールをゴクゴク飲んで過ごした人も多いのではないでしょうか。しかしながらビールは、身体を冷やしてしまいます。

さらに、アルコールをたくさん摂取することで、アセトアルデヒドという物質が血液中に溜まってしまいます。この物質は男性ホルモンの分泌を促して薄毛や抜け毛の原因となると言われているのです。夏場に毎日のようにビールを飲んだ結果、秋になって毛が抜けるという症状が出ることがあります。

髪の毛のためにも、夏のビールはほどほどにしておきたいものですね。また、秋になって食欲も増して、同時にお酒の量も増えるという人も気を付けましょう。アルコール摂取の量を決めると共に、できれば冷えたビールよりも熱燗をゆっくり飲むなど、温かいお酒がおすすめです。

きちんと休肝日も作ることで、髪の毛への影響も少なくなります。

秋は体が冷え体質になっている?!

夏場は多くの場所でクーラーがかかっていますよね。家の中でもクーラーを入れる人もいますし、職場でもお店でも車内でも冷房が付けられています。さらに、夏は暑いので、入浴もシャワーで済ませる人が多い傾向にあるようです。

実は、冷房で体は冷えているのですが、シャワーで済ませるためにしっかりと体が温まっていません。また、夏は喉も乾くので、冷たいドリンクもたくさん飲むでしょう。アイスクリームやかき氷をたくさん食べた人も多いのではないでしょうか。

前にも述べましたが、冷たいビールも身体を冷やしてしまいます。そんな生活を夏の間続けて、秋を迎えると、冷え体質になってしまっていることも少なくはないのです。秋めいてきて気温が下がると肌寒くなる上に、夏の過ごし方により体は冷え性気味で、その結果生じるのが血流の悪さになります。

血の巡りが悪くなると、頭部にまで血液が行き届かず髪の毛が丈夫に育つために必要な栄養成分も、頭部に送ることができません。そして、抜け毛の症状が現れてしまうわけですね。自分ではあまり気付いていないかもしれませんが、体は冷えてしまっています。

秋口はしっかりと体を温める対策を取ることが大切です。入浴も浴槽にしっかりつかるようにしましょう。その他にも、生サラダやフルーツ類は、冷蔵庫で冷やさず常温保存して食べると安心です。野菜は煮物やスープにすることで体を冷やしません。

加えて、できるだけ温かい飲み物を飲むようにして、冷え体質を改善していくことが必要です。

カラッと晴れた秋は乾燥にも要注意

秋晴れという言葉がありますが、カラッと晴れた秋は気持ち良くて過ごしやすいものですね。しかしながら、気を付けなければいけないのが、空気の乾燥です。冷たい空気も流れ込むようになり、どこにいても空気は乾燥しています。

肌が乾燥しやすくなると同時に、頭皮も乾燥し始めます。秋になるときちんとシャンプーをしても、フケが出るという人はいませんか?それは、頭皮が乾燥していることが原因です。乾燥がひどくなると痒みや炎症といったトラブルも生じます。

さらに、髪の毛が抜けやすくなるという状態にも陥ってしまうのです。秋の乾燥を防ぐためには、しっとり保湿タイプのシャンプーやトリートメントを使うようにすると良いでしょう。また、洗髪後自然乾燥すると余計に髪の毛が乾燥してしまうので、素早くドライヤーをかけて乾かすことがおすすめです。

季節の変わり目の不調は髪の毛にも

一般的に、四季の中では秋が一番老けやすいことが分かっています。これは夏の疲れが肌に出るからなのですが、髪の毛も同様です。夏に受けた疲れが溜まり、それが秋に抜け毛などのトラブルとなって現れるのです。さらに、夏から秋に変わるとき、気温の変化も大きくなります。

季節の変わり目に体調を崩す人が増えますが、不調は内臓や肌や精神面だけではありません。髪の毛も、季節の変化を敏感に感じてしまうと言えるでしょう。季節の変化によるストレスを感じないためには、規則正しい生活とバランスの良い食事がまず大切です。

秋口にはしっかり寝て、栄養のある物を好き嫌いなく食べるようにしましょう。季節の変化に負けない体作りをすることが、抜け毛防止にもつながるはずです。

抜け毛は食べ物にも関係する?抜け毛を防ぐ食べ物と悪化させる食べ物

動物と一緒!秋に毛が生え変わる!

犬や猫の毛が、夏から冬の間に生え変わることはペットを飼っている人は把握していると思います。同じように人間も、秋に髪の毛が生え変わりやすくなることが分かっています。勿論、動物のように夏毛や冬毛があるわけではないですが、人間も遺伝子的に秋に髪が抜けやすくなる傾向にあるようです。

これは、自然の現象なので仕方がないことですが、そういう時期だからこそ食生活や睡眠、運動などでコントロールしていきたいものですね。食欲の秋、運動の秋と言われますが、まさにその通りにしっかり食べて体も動かしましょう。

特に、運動不足は血流を悪くするため、髪の毛にはよくありません。できるだけ体を動かす習慣を付けて、頭部まで血を行き渡らせることが重要です。気温的にも過ごしやすい季節ですので、健康的な生活をすることで抜け毛も減らしていきましょう。