抜け毛を集める、その目的とは

「抜け毛を集める」なんて聞くと、「なぜ?」と思うかもしれません。ですが、実は抜け毛には様々な情報が秘められているのです。生きている限り、どうしても必ず起きてしまう「抜け毛」に、今一度、注目してみませんか?ここでは、特に薄毛・育毛などに関わる事柄に、深く触れていきます。

改めて「抜け毛」について知れば、「試しに抜け毛を集めてみよう」という気になるかもしれません。

薄毛対策・一日の抜け毛の本数を知ること

一日の平均的な抜け毛の本数は、およそ50~100本前後、といわれています。秋などは最も抜け毛が増えるシーズンとされていますので、平均で200本前後、多ければ300本は抜ける方もいるはずです。日本人の成人であれば、髪の毛の総本数は約10万本。

一日に100本抜けるとしても、0.001%の割合と思えば、多いとは感じないかもしれません。とはいえ、実際に抜けている自分の髪の毛を見てしまうと、つい不安に駆られてしまう事もありますよね。「抜け毛が多すぎると髪が薄くなる」、当然のように聞こえるかもしれませんが、自身の正確な抜け毛の本数がどの程度かを知っている方は、あまり多くありません。

薄毛が気になる、将来薄毛になってしまうかも、と不安を抱く方は、まず抜け毛の本数を調べてみると良いでしょう。平均的な抜け毛量であれば安心できますし、多ければ早い内に対策を練る事ができます。

夏が終わると抜け毛が増加?!秋に抜け毛が増える理由

薄毛対策・一日の抜け毛の集め方

まず、「抜け毛を集める!」と決めた日は、夜の入浴前をスタート時間に設定しましょう。一日のほとんどの抜け毛は、実のところ洗髪時に集中するためです。集め方としては、洗髪の前に排水溝などに簡易ネットを設置する事です。

「髪の毛キャッチネット」などが市販されていますので、活用すれば抜け毛集めが格段に楽になるでしょう。もちろん、洗濯ネットなどでも代用可能です。お風呂上りに髪を乾かす際、ブラッシングする方は、ブラシについた髪も回収しておきましょう。

そして、就寝前、布団などの寝具、特に枕の周囲を掃除しておきます。糸くずなどと抜け毛を混同しないようにするためです。最後に起床後、枕や枕の周囲に落ちている髪の毛を集めます。意外と枕の裏などに入り込んでいる事もありますから、注意しましょう。

これで一日の抜け毛集めは終了です。時間にすれば十時間ほどしか経っていないでしょうが、一日の内で最も抜け毛が発生する「洗髪時」と「就寝時」をおさえておけば、まず充分。上記の方法で集めた髪の毛に、プラス20本前後をして、自身の抜け毛本数を確認しましょう。

薄毛対策・抜け毛の本数から考える

集めた抜け毛の本数が平均的であれば、あまり問題はありません。また、抜け毛の本数が平均以上だったとしても、いきなり悲観的になる必要はありません。毛は繰り返し生え変わっていくものです。抜け毛の本数が多かったとしても、生えてくる本数も多ければ、すぐに薄毛にはならないのです。

過度に気にしすぎるのはストレスにも繋がりますし、今現在は薄毛を感じていないのであれば、一先ずは安心しても大丈夫です。

薄毛対策・薄毛を感じている、または将来的な薄毛が心配であれば

もし、明確に自身の薄毛を感じとっており、しかも抜け毛の本数が多いとなれば、危険信号です。薄毛でなくとも、抜け毛が多く将来的に心配という場合は、対策を講じていきましょう。そして、薄毛の原因というのは、まさに「集めた抜け毛」が教えてくれる場合も多いのです。

薄毛対策・抜け毛の毛根の形をチェック

簡潔に言えば、髪というのは体内から毛根へと栄養が送られる事で、成長していくものです。基本的にはそのサイクルを繰り返していくのですが、薄毛になってしまう場合は、髪の毛の成長がうまくいっていないという事実に繋がります。

そんな時は、抜け毛の毛根をチェックしてみましょう。毛根には、その時々の体の栄養状態やストレスの有無などを判別するための、大事な情報がたくさん詰まっているのです。

抜け毛は食べ物にも関係する?抜け毛を防ぐ食べ物と悪化させる食べ物

毛根の形・根本がぷっくりと膨らんでいるのは、元気な毛根

元気な髪の毛根は、マッチの形のように、根本がぷっくりと膨らんでいます。この状態が最も理想的な毛根の状態といえるでしょう。側頭部の髪など、軽く引っ張っても抜けないほどの髪を、試しに一本抜いて確認してみると、元気な毛根を確認できます。

ただ、今現在が元気な毛根の形だったとしても、ずっとそのままの状態とは限りません。一ヶ月に一度ほど、一本だけ髪の毛を抜いてみて、状態を確認していくのをおすすめします。ただ、毎日髪を抜いて確認するのは、おすすめできません。

せっかくの元気な髪の毛を、自分の手で抜いて傷つけてしまうのは、本末転倒になってしまいますからね。

毛根の形・栄養不足な毛根タイプ

一方、毛根がほっそりとしている、または毛根が確認できない場合、多くは栄養が不足してしまっている事を示しています。生活習慣の乱れ、特に食生活が原因となっている場合が多いです。生活習慣を見直し、栄養バランスのとれた食生活を送る事で、この問題は改善していくはずです。

また、同時に血行不良が起きている可能性も考えられます。適度なストレッチなどの柔軟体操を行い、血行促進も進めていきましょう。

毛根の形・抜け毛で分かるストレスの有無

ストレスの有無というのは、自分自身でも明確には分からない事が多いものです。しかし、抜け毛による毛根の形で、自身のストレスの有無を調べる事が可能なことを知っていますか?ストレスによる抜け毛の毛根には、「毛根から、小さな髪の毛が生えている」という事が起こっている場合があります。

これは、本来は新たに生えるはずだった髪の毛が、ストレスのため一緒に抜けたせいで起こる現象です。つまり、このタイプの抜け毛の場合、「ストレスがある」と判断できるという訳です。この場合は、髪の毛自体は「元気」であるため、ストレスを解消する事が出来れば、髪はまた元気に生えてくるケースも少なくありません。

ストレスの原因が分かっているのであれば、それを取り除くことが必要です。

毛根の形・ホルモンバランスが乱れている時

もし、毛根の形が鋭角に尖っていたり、細かったり太かったりとでこぼこになっていたら、それはホルモンバランスの乱れが原因の場合があります。特に、女性に多いケースで、過剰にダイエットを繰り返している方や、月経などが原因でホルモンバランスが乱れた際に、起こりやすいです。

もちろん男性でも、徹夜などで生活習慣が不規則になれば、ホルモンバランスは乱れてしまいます。問題解決のためには、ホルモンバランスを乱す原因となるストレスを排除したり、サプリメントを活用したりするのが、効果的です。